酵素をしっかり取れる食品とは?

生野菜や生肉、生魚など、新鮮で生のままの食品ほど酵素がたくさん含まれています。
最近ではローフード(raw food。生のまま食品を摂取することで酵素を多く取り入れようとする食事法)も海外から輸入されて静かなブームになっています。

このように、食品を選ぶ以前に食べようとする温度について気を払う必要があります。
ローフードの考え方からいっても、食品はなるべく温度をあげ過ぎない状態で調理をするのが望ましいと考えられます。

加熱の仕方によってはせっかくの食物内の酵素を壊してしまうため、たとえ酵素の含有量の多い食べ物を食事に取り入れたとしても意味をなさなくなるケースもあるからです。
したがって、まずは生で食べるようにすることを心がけましょう。


新鮮な野菜を使ったサラダや果実をしぼりたてのフレッシュジューズなどは理想的な酵素食品と言えます。
動物性たんぱく質のなかではお刺身や生卵などがおすすめです。
また、甘酒や味噌や醤油などの発酵食品もよいとされています。
とくに伝統的な製法が守られた調味料はミネラルや乳酸菌が多く酵素の摂取にも役立ちます。

このように熱を加えない調理法、食事法を知った上で次のような食品・食材を多く取り入れるようにするとよいでしょう。


まず、酵素の含有量が豊富な野菜としてはトマトやきゅうり、人参やキャベツ、小松菜の他、貝割れ大根やもやしなど野菜の芽の部分が知られています。
フルーツでは一時期、酵素を多量に含むとして話題になったパパイヤやアボガドはもちろん、オレンジやパイナップル、バナナにマンゴーなど、熱帯性の果実を中心に食べるようにすると良いでしょう。

さらに、発酵食品では味噌や醤油、漬物のほか納豆などもおすすめです。
ちょっと変わったところでは、オリーブオイルやナッツ類、ドライフルーツ、ハチミツやメープルシロップも良いと言われています。


これらの食材は酵素だけでなく多彩なビタミンやミネラルを始め健康を整えて免疫力を向上させるのにも多いに役立ちます。



このブログ記事について

このページは、酵素飲料ランキングブログが2013年12月24日 11:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「酵素ダイエットをさらに効果的にするために」です。

次のブログ記事は「ベルタ酵素」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。